巨人・丸 誠也先制弾直後に逆転2ラン 昨季までの広島3、4番コンビが27号競演

[ 2019年9月14日 15:54 ]

セ・リーグ   巨人―広島 ( 2019年9月14日    東京D )

<巨・広>4回無死一塁 2ランを放つ丸 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人の丸佳浩外野手(30)が広島戦(東京D)の4回に逆転となる27号2ランを放った。

 昨季まで広島で3、4番コンビを組んでいた鈴木が4回表にチーム初安打となる27号ソロを左翼スタンド前列に叩き込み、0―1と1点ビハインドで迎えたその裏。

 四球で歩いた先頭・坂本勇を一塁に置いて入った第2打席で、フルカウントからの7球目スライダーを右翼スタンド上段へ叩き込んだ。

 丸にとって昨季まで同僚だったジョンソンは今季東京ドームで試合前まで3戦全勝。防御率1・08と巨人打線を得意とし、この日も3回まではノーヒットに抑えられていたが、チーム初安打が丸の27号逆転弾となった。

 ▼巨人・丸 打ったのはスライダーかな。勇人さんが塁に出てくれて、僕も次にしっかりつなごうという気持ちで打席にはいりました。点をとられた後だったので、逆転できて最高のかたちになりましたね!感触もすごい良かった。 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月14日のニュース