楽天・辛島 初の2桁勝利お預け「最後は粘りきれませんでした」

[ 2019年9月14日 19:17 ]

パ・リーグ   楽天2―3オリックス ( 2019年9月14日    京セラD )

<オ・楽>5回1死満塁、追加点を打たれ降板する辛島(右)(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 楽天の辛島航投手(28)が14日のオリックス戦(京セラドーム)で今季6敗目を喫し、自身初の2桁勝利到達を逃した。

 4回に3安打を浴びて1点を許すと、5回にも2失点。4回2/3で降板し「なんとか最少失点で粘っていたのですが、最後は粘りきれませんでした。リズムをつくれずに申し訳ない」と反省。11年目の今季はここまで自己最多の9勝を挙げ、投手陣を支えている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月14日のニュース