広島が初回に先制!菊池涼が菅野から11号ソロ「芯に当たってくれました」G戦今季5発目

[ 2019年8月28日 18:15 ]

セ・リーグ   広島―巨人 ( 2019年8月28日    東京D )

<巨・広>初回1死、菊池涼は左中間に先制ソロを放つ(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 広島の菊池涼介内野手(29)が巨人戦(東京D)の初回に左越え11号ソロを放ち、広島が1点を先制した。

 「2番・二塁」で先発出場した菊池涼は1番・西川が倒れた後の初回1死走者なしで入った第1打席で、巨人エース菅野が2ボール1ストライクから投じた4球目、外寄りのスライダーを左中間スタンドへ叩き込んだ。

 「打ったのはスライダーかな。芯に当たってくれました」

 菊池涼の本塁打は12日の巨人戦(マツダ)以来16日ぶりで、巨人戦では11本塁打中最多の5本目となった。逆転でのセ・リーグ4連覇へ向け、1試合も落とせない首位・巨人との3連戦。前日27日の第1戦は松山、メヒアのソロ本塁打2発で2―0と勝利を収めたが、第2ラウンドは菊池涼がいきなり相手エースをとらえる幕開けとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月28日のニュース