【隠しマイク】板東英二氏、阪神・福留に「いつまでやるねん!」

[ 2019年8月28日 09:00 ]

板東英二氏
Photo By スポニチ

◎北海道佐呂間町出身の日本ハム・玉井は釧路市民球場で報道陣に囲まれ「釧路は同じ道東なので、そんなに遠くないですよ。実家からここまで車で3時間半ぐらいです」。北海道は大きいですね。

◎西武・渡辺久信GMは30年前に釧路で登板した思い出を懐かしみながら「あのときは凄い寒かった。ベンチで火を炊いていたくらい。ま、完投したけどね」。自慢でした。

◎日本ハムはナイター設備のない釧路で午後1時開始のデーゲーム。午前9時からスタートした囲み取材の冒頭で栗山監督は「みんな、朝早くてボーッとしてない?分かるよ。口数が少ないもん」。さすがの洞察力です。

◎残り1本だったパ・リーグ通算5万号が、デーゲームで出なかったことを伝えられたロッテ・荻野は「ぼ、僕に言わないでください!」。今季先頭打者弾5度の実績がありますよ。

◎甲子園室内練習場を訪れた板東英二氏から「いつまで(現役を)やるねん!」と言われた福留は困惑顔。すると隣にいた久慈内野守備走塁コーチは「50までです」。頑張ってください!

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月28日のニュース