巨人、広島戦5年連続負け越し 坂本はコンディション不良で途中交代

[ 2019年8月28日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人0―2広島 ( 2019年8月27日    東京D )

試合前の練習中、右太ももを気にする坂本勇(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は優勝マジック20をともしてから、今季初の2試合連続零敗。広島とは4試合を残して対戦成績を7勝13敗1分けとし、球団ワーストタイの5年連続同一カード負け越しが決まった。原監督は「いい気持ちはしないね。力そのものは、やはり今日まではカープが上回っているというところでしょう」と語気を強めた。

 ジョンソンにセ・リーグ球団で最多の今季3勝目を許した。7回までに3安打と8四死球。計4イニングで得点圏まで走者を進めながら、仕留めきれなかった。左腕には3試合にわたって計20イニング無得点に抑えられている。

 2安打の坂本勇は8回に一度守備位置につきながらも、コンディション不良のため途中交代。吉村打撃総合コーチは「ちょっと(体の)張りがあったと聞いたので」と説明。坂本勇自身は「一応、大事を取って。(次戦は)動いてからになる」と状態を確認する。

 28日も敗れ、2位・DeNAが勝てばマジックが消滅する。エース・菅野がここ5試合で1勝4敗のチーム状況を打破する。 (神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月28日のニュース