日本ハム、守備でミス連発 釧路で白星ならず栗山監督「申し訳ない」

[ 2019年8月28日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム2―8西武 ( 2019年8月27日    釧路 )

6回無死一塁、山川の打球を捕球後、二塁に悪送球した横尾(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムはミスを連発して3連勝を逃した。1―1の5回1死一、二塁では森の投手へのゴロを捕球したロドリゲスが二塁に投じて併殺を狙わず三塁に送球。1死しか取れず走者が残ると続く中村に左前適時打を浴びた。

 2―2の6回無死一塁では山川のゴロを捕球した三塁の横尾が併殺を狙うも二塁に悪送球。その後に決勝点を奪われた。釧路のファンに白星を届けられず、栗山監督は「楽しみにしてもらってたのに申し訳ない」と謝罪した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月28日のニュース