ロイヤルズが球団売却交渉 1060億円以上で地元実業家のグループと交渉中

[ 2019年8月28日 19:59 ]

 米大リーグ、ロイヤルズが球団を売却する方向だとスポーツ専門局ESPN(電子版)が27日、伝えた。

 同球団のオーナーは米小売り大手ウォルマート社の元最高経営責任者(CEO)で、10億ドル(約1060億円)以上で地元実業家のグループと交渉中という。

 ロイヤルズはカンザスシティーに本拠地を置き、青木(現ヤクルト)の所属した2014年にア・リーグを制覇。翌年にワールドシリーズで30年ぶり2度目の優勝を果たした。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月28日のニュース