全セ・緒方監督、球宴“初勝利”に意欲「一度も勝ってないので」全パ・辻監督も真剣「パの強さ発揮したい」

[ 2019年7月11日 18:29 ]

<オールスター前夜祭>フォトセッションで握手し最初はにらみ合いその後笑顔を見せる全パ・辻監督(左)と全セ・緒方監督(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 マイナビオールスターゲーム2019(12日東京ドーム、13日甲子園)で全セを率いる広島・緒方監督と全パを率いる西武・辻監督が11日、都内で行われた前夜祭に登壇。オールスターへの意気込みを語った。

 注目ポイントを聞かれた辻監督は「山川の特大のホームラン」と西武の主砲・山川の一発に期待。緒方監督は阪神・近本、ヤクルト・村上の初出場コンビの名前を挙げ「(レギュラーシーズンで)何度も痛い目にあわされている。オールスターでも活躍してほしい」と話した。

 3年連続で全セを率いる緒方監督は、過去2年で全パに0勝4敗。「まだ一度も勝っていないので、ぜひ勝ちたい」と“初勝利”に意欲を見せた。辻監督は「パ・リーグの強さを発揮できるように頑張りたい」と真剣モードだった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月11日のニュース