【西東京】日大鶴ケ丘、10点コールド 中島主将「一戦必勝でいく」

[ 2019年7月11日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 西東京大会2回戦   日大鶴ケ丘10-1都東大和 ( 2019年7月10日    多摩一本杉 )

 日大鶴ケ丘は、打線が10得点を挙げ、都東大和に7回コールド勝ちした。

 1点ビハインドの4回から登板した2番手の荒沢が4回無失点に抑え、打っても同点の押し出し四球に中犠飛で2打点。「流れを持ってこようと。相手は振ってくるので打たせていった」と話した。昨夏は西東京大会決勝で日大三との「日大決戦」にサヨナラ負け。「悔しい思いをぶつけ、一戦必勝でいく」と3番で4打席4四死球とつなぎ役に徹した中島主将は話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月11日のニュース