清宮25打席連続無安打&17三振 球宴休みを「いいきっかけに」

[ 2019年7月11日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム0―5ロッテ ( 2019年7月10日    ZOZOマリン )

5回無死二塁 三振する清宮 (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 2試合連続で日本ハム・清宮は9番で先発起用されたが、2打数無安打1三振。これで25打席連続無安打、17三振という最悪の内容で前半戦を終え、「最後はいい終わり方ではなかった」と反省した。

 これで球宴休みに入るが「いいきっかけにできれば。いろいろ試してやりたい」と不振脱却を誓った。栗山監督は「全てをのみ込んで、これが大きな意味を持つと信じている」と後半戦の爆発に期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月11日のニュース