DeNA2カード連続負け越し 同率2位ターンにラミ監督「優勝目指す」

[ 2019年7月11日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA2―7ヤクルト ( 2019年7月10日    神宮 )

 DeNAは2カード連続負け越しで、借金2となった。2―2の7回、3番手の国吉が2死二塁のピンチを招くと、代わったソリスが代打・雄平に初球カーブを左前へ運ばれ、決勝点を献上した。

 ラミレス監督は「悪い球ではなかったが、雄平がうまく打った」と淡々。阪神と同率2位で折り返したが、首位の巨人とは9・5ゲーム差。「優勝を目指して突き進む。巨人に追いついていかないと」と後半戦を見据えた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月11日のニュース