オリ宗、延長10回V打 松井と高2以来の対戦「ちょっと意識した」

[ 2019年7月11日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス7―6楽天 ( 2019年7月10日    楽天生命パーク )

10回2死二、三塁、勝ち越し適時打を放つ宗(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 接戦に終止符を打ったのはオリックス・宗だった。延長10回2死二、三塁。2ボールからの3球目、松井の内角低め速球を強振。右前へ運ぶ決勝打を放ち、右拳を突き上げた。

 「真っすぐ狙いでいきました。絶対に打ってやろうと思っていました。ちょっと意識しましたね」。1学年上の松井との対戦は、横浜隼人2年春の神奈川大会以来。当時、超高校級左腕として騒がれていた桐光学園のエースから2安打を放ち、その名を知らしめた。8回には右中間三塁打を放っており、3試合ぶりのマルチ安打。存在感を示した。

 プロ初先発の鈴木優を2回1失点で降板し計7投手をつぎ込む執念リレーもあり、前半戦最終戦を白星で飾った。借金6の最下位だが、2位・日本ハムまでは4差。「全然チャンスはある数字」と西村監督。逆襲の後半戦へ宗がキーマンになりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月11日のニュース