ヤクルト・マクガフが球宴出場「とても名誉なこと」 石山がインフルで辞退

[ 2019年7月11日 05:30 ]

石山の代わりに球宴出場することになったマクガフは「タフマンリフレッシュ」を飲みながら気合を入れる?(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)は10日、マイナビオールスターゲーム2019(12日東京ドーム、13日甲子園)に監督推薦で選ばれていたヤクルトの石山泰稚投手(30)がインフルエンザのため出場を辞退し、代替選手として同じくヤクルトのスコット・マクガフ投手(29)が出場すると発表。マクガフは「とても名誉なことで興奮している。自分の武器、特に闘争心のある投球をしたい」と話した。

 球宴出場を辞退した選手は公式戦10試合に出場できない。石山は5日に出場選手登録から外れており、再登録は早くても21日以降となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月11日のニュース