ヤクルト・内藤氏 “禁じ手”金属バットで柵越えVも「僕の耳には同じ音に聞こえました」

[ 2019年7月11日 18:59 ]

<スワローズドリームゲーム>ホームラン競争に登場した内藤氏は金属バットでホームランを放つ(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの球団創設50周年を記念した「スワローズドリームゲーム」が11日、神宮球場で行われ、多くのOBが参加した。

 試合に先立ち行われたホームランチャレンジではアーロン・ガイエル氏(46)、飯田哲也氏(51)、内藤尚行氏(50)、岩村明憲氏(40)が参加。全員が10スイングずつしてガイエル氏、内藤氏、岩村氏が各1本の柵越えを記録し、優勝した。

 内藤氏は7スイング目から金属バットと思われるバットを使用し8スイング目に左翼席に放り込んだ。明らかに打球音が金属音に変わったが「みなさんの耳には違う音に聞こえたかもしれないけど、僕の耳には同じ音に聞こえました」と禁じ手の発動にも、しらを切り「最高で~す!!」とスタンドに向けて喜びを表現した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月11日のニュース