楽天、競り負け5割ターン 延長10回に松井力尽く「ズレが出た」

[ 2019年7月11日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天6―7オリックス ( 2019年7月10日    楽天生命パーク )

10回、勝ち越しを許し、険しい表情でベンチへ戻る松井(撮影・木村 揚輔
Photo By スポニチ

 楽天は試合終盤に2度も追いつく粘りで延長に持ち込んだが守護神・松井が力尽きて4位転落。9回を無失点に抑え、今季3度目のイニングまたぎで10回も続投。先頭・吉田正の中前打から2死二、三塁とされ、宗に決勝の右前適時打を浴びた。

 登板3試合連続の黒星で5敗目を喫し「10回は(制球に)ズレが出てしまった」と悔やんだ。チームは勝率5割で前半戦を終了。平石監督は「粘り強く戦ってくれた。松井への信頼は変わらない。ここからです」と後半戦での巻き返しに目を向けた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月11日のニュース