追加選出ビーバーが米球宴MVP 地元で燃えた3者三振「とても特別」

[ 2019年7月11日 02:30 ]

オールスターゲーム   ア・リーグ4―3ナ・リーグ ( 2019年7月9日 )

オールスター戦で最優秀選手に選ばれたインディアンスのビーバー(共同)
Photo By 共同

 地元インディアンスの24歳右腕ビーバーが初選出された球宴でMVPに輝いた。1点リードの5回に登板し3者三振。コントレラスを95マイル(約153キロ)直球で、マルテはナックルカーブで空振り三振。本拠地のファンからの大声援を背に、最後はアクーニャをスライダーで見逃し三振に仕留め「アウトをそれぞれ違う球種で取れた」と胸を張った。

 メジャーデビューした昨季は11勝を挙げ、今季は既に8勝。ヤンキースの田中と同様、追加選出として本番4日前に参戦が決まった24歳が、ア・リーグの7連勝に貢献し「本拠地のファンの前で登板できて、とても特別」と余韻に浸った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月11日のニュース