広島・大瀬良5年ぶり完封「うれしい」V打の会沢に「信じていた」

[ 2019年4月25日 21:05 ]

セ・リーグ   広島2―0中日 ( 2019年4月25日    マツダ )

8回2死一、二塁、会沢の先制2点適時二塁打にガッツポーズの大瀬良(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島・大瀬良がルーキーイヤーの14年以来となる5年ぶりの完封劇。9回123球を投げ抜き「最後の“大瀬良コール”はしびれました」と7連勝に沸くカープファンに感謝した。

 自身5年ぶりの完封勝利に「うれしいです」と表情が緩んだ大瀬良。「1人1人、アウトを積み重ねることだけを考えていた」と123球の熱投を振り返った。

 8回のピンチでは左翼・西川が好返球で走者の生還を防ぎ、直後の攻撃で女房役の会沢が決勝打。開幕戦以来の2勝目を挙げたエースは「龍馬が素晴らしい送球をしてくれた。(会沢は)絶対に打ってくれると信じていた」と感謝していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月25日のニュース