阪神・伊藤和雄が退院 腰椎椎間板摘出術に成功「1日でも早く戻りたい」

[ 2019年4月25日 15:57 ]

阪神の伊藤和雄投手
Photo By スポニチ

 阪神は伊藤和雄投手(29)が大阪府内の病院で腰椎椎間板摘出術を無事に終え、25日に退院したと発表した。

 退院した伊藤は「今季は勝負のシーズンと思っていたので、ケガで離脱は本当に情けないし、悔しい。1日でも早く、より成長して戻ってこられるようにしっかりリハビリに励みたい」とコメントした。

 昨年、矢野2軍監督の下でファーム日本一の原動力となった「矢野チルドレン」。今年は指揮官の期待を受けて1軍キャンプスタートだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月25日のニュース