阪神・島本、完ぺき筒香斬り!通算10の0 ピンチで仁王立ち

[ 2019年4月25日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3―1DeNA ( 2019年4月24日    横浜 )

2番手で好投した島本(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 “小さな左腕”が日本の主砲をなで斬った。勝利をたぐり寄せたのは、9年目左腕・島本だ。6回、3連打で1点差に詰め寄られ、なおも1死一、二塁のピンチ。防戦一方の中、才木の後を受けてマウンドへ上がった。

 「気持ちで投げられたと思う」

 対峙(たいじ)したのは球界を代表するスラッガー・筒香だ。初球は2度、首を振って投じた137キロのフォークで空振りを奪うと、2球目の144キロ直球で中飛。力で押し込み大きなアウトを奪うと、宮崎も147キロ直球で二ゴロに封じた。完璧なリリーフで、流れを引き寄せた大仕事。矢野監督も「成長していけると思うような場面の登板で(成長できる)抑え方だったので申し分ない」と称賛した。

 痛快な“ジャイアントキリング”を成し遂げた。育成上がりの苦労人が封じたのは、侍ジャパンでも4番を任される男。年俸も推定4億円と850万円では格が違う。実績、経験、すべてで上回る相手を抑え込めたのは「ずっと自分のボールを投げられている」という揺るぎなき自信があったから。これで今季、筒香を4打数無安打に封じているだけでなく、通算でも10打数無安打と堂々の“キラー”ぶりを発揮する。

 オープン戦から自己最速タイの148キロをマークするなど、格段に進化した直球を生み出したのは、人知れず行っていた肉体改造にある。昨年12月から、筋肉美を競う「フィジーク」の大会にも出場している幼なじみの勧めで、人生初のプロテインを摂取し始めた。

 「1日3回、体脂肪を減らして筋肉量を増やす。“体調どうや”と電話もかかってきて、本当にありがたいです」。公表の体重73キロを超える自己最重量75キロが乗ったボールには「150キロも出せると思う」と確かな自信を持てるようになった。

 昨年9月には第一子となる長女・咲良(さら)ちゃんを授かった。「めちゃくちゃかわいいです」。スマートフォンに保存する大きく口を開けて笑う愛娘の写真が遠征先での“お守り”だ。

 「ああいう展開で投げさせてもらった。もっと頑張らないといけないです」。1軍定着を狙うシーズンは、父としても、勝負の1年になる。(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月25日のニュース