広島・大瀬良 5年ぶり完封“中5日”の男襲名だ!昨季も2度完投勝利

[ 2019年4月25日 23:16 ]

セ・リーグ   広島2―0中日 ( 2019年4月25日    マツダ )

広島先発の大瀬良(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島・大瀬良大地投手(27)は、9回123球、被安打7で新人の14年以来5年ぶりの完封勝利となった。

 「なかなかできないこと。完封勝利の数を増やしているようにやっていきたい」

 この日は、今季初の中5日での先発登板だった。昨季の中5日は、計2度。どちらも、完投勝利をあげていた“中5日の男”ぶりを存分に発揮した。

 登板前には、「僕にとってはいいデータ。いつも通り入っていって、いい結果を残したい」と宣言していた通りの好投だった。

 ▼大瀬良の昨季の中5日登板
 18年5月5日、広島10―1ヤクルト(神宮)9回7安打1失点
 18年5月25日、広島6―3中日(マツダ)9回5安打3失点

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月25日のニュース