西武・内海、左肘の張りで2軍戦回避 小野コーチ「大事を取って」

[ 2019年4月25日 05:30 ]

西武・内海(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武・内海が左肘の張りのため25日のイースタン・リーグの日本ハム戦(鎌ケ谷)登板を回避することが決まった。小野投手コーチは「大したことはないけど、大事を取って回避した」と説明した。3月に左前腕の肉離れを起こしてリハビリを続け、17日の同リーグ、ヤクルト戦では3回2安打無失点だった。

 また、この日、同リーグの日本ハム戦で先発した榎田は4回10安打6失点と1軍復帰に向けて不安を残した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月25日のニュース