阪神ドラ1・近本 9回2死から逆転3ラン!同期・木浪のミスを「カバーしたろうかな」

[ 2019年4月25日 21:32 ]

セ・リーグ   阪神5―3DeNA ( 2019年4月25日    横浜 )

逆転勝利の立役者となり、はにかみながらヒーローインタビューを受ける近本(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は9回2死から劇的な逆転勝利でDeNAに3連勝。最下位を脱出した。

 頼もしいルーキーの一発で試合を決めた。1点ビハインドの9回2死一、三塁、ドラフト1位・近本がDeNA守護神・山崎の2球目を左翼スタンドへ突き刺した。逆転4号3ランで5-3と試合をひっくり返した

 ここまで大車輪の活躍を見せているが、意外にも初のヒーローインタビュー。「大きいのは狙わず叩く気持ちで入った。少し引っ張ったろうという気持ち。ギリギリで入ったのでよかったです」と千金の一発を振り返った。

 この回はドラフト3位・木浪がスリーバント失敗していた。「カバーしたろうかなと思った」と、同期のミスを帳消しにする“男前”っぷりも見せた。

 歓喜に沸くファンに向けては「明後日から12連戦続きますが、応援よろしくお願いします」と笑顔を見せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月25日のニュース