阪神・守屋 勝ち越し弾を浴び今季初失点

[ 2019年4月25日 20:24 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2019年4月25日    横浜 )

<D・神>7回無死、伊藤光(左)に左越えソロを浴びた守屋(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 2―2の7回に2番手として登板した阪神・守屋が、先頭打者の伊藤光に勝ち越しソロを浴びた。1ボールからの2球目を完璧に捉えられ、左中間スタンドに運ばれた。

 5年目の右腕は今季、矢野監督に可能性を見出され、この試合ですでにキャリアハイ10試合目の登板だった。しかも、ここまで9試合で計10回2/3を投げて防御率0・00だった。今季初失点が、痛恨の勝ち越し弾。1死を奪ったところで能見との交代を告げられた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月25日のニュース