雄星、次回登板は1イニング限定先発 球団の負担軽減措置

[ 2019年4月25日 02:30 ]

ブルペンで投球練習するマリナーズ・菊池
Photo By 共同

 マリナーズ・菊池が26日(日本時間27日)の本拠地レンジャーズ戦で1イニング限定で先発することが決まった。

 球団の負担軽減措置で、スコット・サービス監督は「アブリービエーテッド・アウティング(短縮された登板)」と表現。菊池は過去3度の登板が中4日のマウンドだった。投球練習し、発表前に取材対応した左腕は「長期的に考えてくださっているということは感謝しないといけない」と話した。(サンディエゴ)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月25日のニュース