カーリング・船山弓枝 ワンバン始球式に「五輪より緊張」

[ 2019年4月25日 18:55 ]

パ・リーグ   日本ハム―楽天 ( 2019年4月25日    札幌D )

<日・楽>始球式を務めたカーリング女子の北海道銀行フォルティウスの船山弓枝さん(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 14年ソチ五輪に出場した女子カーリングの北海道銀行フォルティウスのメンバー4人が25日、日本ハム―楽天戦(札幌ドーム)で花束贈呈役を務めた。その後に行われた始球式は船山弓枝が担当。投球は左打者の楽天・茂木の外角に外れるワンバウンド投球となり、五輪出場3度と大舞台を経験している船山は「思ったより遠く感じた。五輪より緊張しました」と苦笑いを浮かべた。

 4月25日は2011年に4人でチームを結成した記念日。「まぶしい舞台でできて光栄でした。一生に一度あるかどうかのこと。いい日になりました」と」と感激の面持ちだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月25日のニュース