中日、投打かみ合わず連敗 山井が誤算4回4失点

[ 2019年4月25日 05:30 ]

セ・リーグ   中日0―5広島 ( 2019年4月24日    マツダ )

2回1死、会沢(右)に先制ソロ本塁打を浴びてぼう然とする山井(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 中日は投打の歯車がかみ合わず2連敗。与田監督は「本塁打3本にスクイズでね。(序盤に4点の)ビハインドを追いかけるのは難しい」と嘆いた。

 山井が誤算だった。2回1死無走者で会沢に先制ソロを被弾し、その後1死一、三塁で野村にスクイズを決められ2点目を献上。3回は菊池涼、長野に2者連続ソロを浴びるなど4回4失点で今季初黒星を喫した。

 打線も精彩を欠いた。毎回のように走者を出しても散発7安打。4回2死三塁、6回2死一、二塁では、いずれもアルモンテが凡退し好機を逸した。25日はロメロが予告先発されており、外国人枠の関係でアルモンテが出場選手登録を抹消される可能性もある。指揮官は「どう乗り切るか、明日(25日)が大事になる」と前を向いた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月25日のニュース