ヤクルト今季初3連敗 好機で一本出ず 雄平「責任ある」

[ 2019年4月25日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―7巨人 ( 2019年4月24日    神宮 )

2回2死、ビヤヌエバにもホームランを打たれこの回5失点のブキャナン(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは今季初の3連敗を喫した。3回に無死一、二塁のチャンスをつくったが、山田哲、バレンティン、雄平のクリーンアップが倒れるなど、新人の高橋を相手に5回まで毎回得点圏に走者を進めながら一本が出ず。小川監督は「毎回走者を出しながら、つながらなかった」と悔しがった。

 3度の好機で凡退した雄平は「打てなかった責任はある。どこかで打たないといけなかった」と反省していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月25日のニュース