巨人・菅野 3回1/3、7失点12被安打に「完璧にやられた」

[ 2019年4月25日 23:34 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2019年4月25日    神宮 )

<ヤ・巨>3回無死一塁、青木(左)に先制の2点本塁打を浴びる菅野(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人・菅野がまさかの乱調で2敗目を喫した。3回に青木、山田哲、バレンティンに3者連続被弾。さらに4回にも3連打を浴び、2試合連続でイニング途中での降板となった。青木、山田哲の被弾はともにスライダー。「狙われてもあそこまで打たれると思っていなかった。次に生かします」と話した。

 3回1/3で7失点。昨年の開幕戦・阪神戦以来となる自己ワーストタイとなる12安打を浴びた。「完璧にやられた。しっかり反省して次はそういうことがないように」。次回は中5日で5月1日の中日戦で先発予定。令和初日に雪辱を期す。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月25日のニュース