オリ吉田正に待望今季1号、今季49打席目で豪快アーチ出た

[ 2019年4月11日 20:12 ]

パ・リーグ   オリックス―ロッテ ( 2019年4月11日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>6回無死、今季1号ソロ本塁打を放ちハイタッチをかわす吉田正(撮影・白鳥 佳樹)  
Photo By スポニチ

 オリックスの吉田正に待望の今季1号本塁打が飛び出した。

 1点を追うロッテ戦の6回、この日第3打席で岩下から豪快に右翼席へ同点アーチを叩き込んだ。今季11試合目、打率1割台と苦しんでいたが49打席目でようやくスラッガーの本領を発揮した。

 吉田正は昨季26本塁打。今季開幕前には侍ジャパンにも選出され、3月10日のメキシコ戦で満塁本塁打を放つなどチームの主砲として期待されていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月11日のニュース