DeNAドラ3大貫 憧れ甲子園でプロ1勝「純粋にうれしい」

[ 2019年4月11日 21:40 ]

セ・リーグ   DeNA5―2阪神 ( 2019年4月11日    甲子園 )

プロ初勝利を挙げた大貫はウイニングボールを手にラミレス監督と記念撮影(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト3位右腕・大貫が同期のドラフト1位・上茶谷より一足早く、プロ初勝利を手にした。1勝1敗で迎えた阪神との第3戦。カード勝ち越しを懸けたマウンドで結果を残した。

 「純粋にうれしい。前回結果が伴わなかったので、もう一度アピールするぞという気持ちで臨んだ」

 静岡県沼津市の桐陽高校から初のプロ入り。甲子園出場はなく「憧れ」という甲子園での1勝となった。新日鉄住金鹿島を経て実った夢舞台に「皆さんの支えのおかげで初勝利を手にできた」と周囲に感謝。ウイニングボールは「もちろん両親に」とはにかんだ。

 1勝では満足しない。「次はもう少し長いイニングを投げられるように」と次を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月11日のニュース