リハビリ中の清宮ティー打撃再開「日に日に良くなってる」

[ 2019年4月11日 05:30 ]

ティー打撃を行う清宮
Photo By スポニチ

 右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折でリハビリ中の日本ハム・清宮が千葉・鎌ケ谷で球団スタッフが投げる球を打ち返すティー打撃を40スイング行った。

 これまではスタンドに置いた球を打つ「置きティー」での打撃練習だったが、先週末から一歩段階を進めた。「違和感がなかったので次に進もうと」と説明し「日に日に良くなっているのを実感できるし、着実に進歩している」と話していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月11日のニュース