平野 2球ピシャリ 逆転サヨナラ勝利呼んだ

[ 2019年4月11日 02:30 ]

インターリーグ   ダイヤモンドバックス5―4レンジャーズ ( 2019年4月9日    フェニックス )

レンジャーズ戦に登板したダイヤモンドバックスの平野=フェニックス
Photo By ゲッティ=共同

 ダイヤモンドバックスの平野がレンジャーズとのインターリーグに登場。2球でピンチをしのぎ、逆転サヨナラ勝利を呼び込んだ。1―4の7回2死二塁に登板。打撃好調の3番アンドルスを迎えたが、フォークの後の低めの90マイル(約145キロ)直球で三ゴロに打ち取った。今季は開幕から失点を喫する試合が多かったが、エースのグリンキーの後を受けて劣勢の場面で踏ん張った。

 打線は2点を追う9回に1点差に迫り、なおも1死二塁から代打ダイソンが逆転サヨナラ2ラン。トーリ・ロブロ監督は「状況を整える必要があった。最高の可能性を(打順に)並べた」と満足そうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月11日のニュース