ソフトB今季初の首位陥落 2日連続の延長戦落とす 工藤監督「打たれる時もある」

[ 2019年4月11日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2-3日本ハム ( 2019年4月10日    ヤフオクD )

11回2死一、二塁、王の適時打で勝ち越し許し肩を落とす松田遼(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは2日連続の延長戦。総力戦を落とし、開幕から守ってきた首位の座から陥落した。同点の延長11回2死一塁から登板した6番手の松田遼が踏ん張れない。四球を与え、王柏融に適時打を許した。直前の無死一、三塁では右翼手の上林が飛球を捕って、素早く本塁へ送球。三塁からタッチアップした俊足の西川をアウトにする「レーザービーム」も生かせなかった。

 今季は11試合中5試合が延長戦ともつれている。工藤監督は「あの後、しっかり抑えられたら良かったけど、投手は打たれる時もある」ともどかしげだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月11日のニュース