阪神12イニングぶり得点!4番・大山 フルスイングでお待たせ今季1号

[ 2019年4月11日 19:15 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2019年4月11日    甲子園 )

<神・D> 3回2死、大山は左越えソロを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の4番・大山に待望の今季1号本塁打が飛び出した。

 0―2で迎えた3回2死、DeNAの先発・大貫の5球目を振り抜くと、打球は左中間最深部に突き刺さった。初回1死二、三塁で三塁ゴロに倒れた悔しさを晴らすかのようにフルスイング。前夜完封負けした猛虎に12イニングぶりの得点をもたらし、肌寒い甲子園を熱くさせた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月11日のニュース