ヤクルト バレンティン先制打「テツトが走ってくれたおかげで…」

[ 2019年4月11日 18:58 ]

セ・リーグ   広島―ヤクルト ( 2019年4月11日    マツダ )

<広・ヤ>1回表1死一、三塁、バレンティンは右前に先制の適時打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手が11日、広島戦(マツダ)に「4番・左翼」で先発し、先制打を放った。

 初回1死一、三塁から広島・岡田の低めの146キロ直球を右前に運んだ。「(一塁走者の山田)テツトが走ってくれたおかげでラッキーでした」と振り返った。昨季のセ・リーグ打点王は9日の広島戦から3試合連続での打点となった。

 続く雄平が左翼へ犠飛を打ち加点した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月11日のニュース