阪神・青柳、神里への悔しすぎる1球「技術不足、実力不足」

[ 2019年4月11日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0―2DeNA ( 2019年4月10日    甲子園 )

阪神先発の青柳(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 1球に泣いた。阪神先発・青柳は10日のDeNA戦で6回1失点の力投も援護無く今季2敗目。胸を張れる内容でも、勝敗を分けた失投を思わず嘆いた。

 「粘っている中で相手より先に先制点を与えたのは、先発としてよくない。そういうところが負けにつながったかな、と」

 0―0で迎えた5回だった。先頭の1番・神里に投じた1ストライク1ボールからの3球目。外角低めを目がけたツーシームがわずかに高くなり、バックスクリーン右まで運ばれた。「技術不足、実力不足」と自戒した1球が唯一の失点。6回に代打を送られ無念の降板となった。

 再三ピンチを招きながら粘っていた。1回1死二、三塁。3回2死一、二塁。4回1死一、二塁。得点圏に走者を進められても焦りの色を見せず、重量打線を手玉に取った。特に、初回の投球には4年目の成長を見た。二、三塁から筒香は高めストレートを決め球に3球三振。続く宮崎にはしつような内角攻めを展開して二ゴロ。制球に苦しんだ昨季までなら考えられぬ、熟練さ漂うピッチングだ。

 息が白くなるほどの寒さとも戦った。「雨が降って寒いのは分かっていたので、普段はベンチに座っている時に中(ベンチ裏)に入ったりとか」と対策し「気温は関係なく投げられた」。降板した6回時の気温は10・5度。4月とは思えない気候にも対応した。

 「オープン戦からずっと調子は良いと思いますし、(3日の)ジャイアンツ戦も、打たれましたけど状態自体は良い。あの1点でしのいでくれた、というのが感想です」

 矢野監督は、安心して見ていられる投球内容を評価した。開幕から2戦2敗だが、この日のような投球を続けていれば勝ち星は自ずと手に入る。(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月11日のニュース