楽天・島内が口火「寒いの飛んでけ打法」V2点打から5回イッキ6点

[ 2019年4月11日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天7-5西武 ( 2019年4月10日    メットライフD )

5回無死満塁、島内が右線に2点適時二塁打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 1点を追う5回無死満塁、楽天・島内が右翼線へ逆転2点二塁打。「いいところで、いい1本が打てて良かった。“寒いの飛んでけ!打法”です」と、打者一巡で計6得点の逆転劇の中心となった。

 最低気温1・2度と冷え込んだ敵地で9戦連続安打。開幕からいまだノーアーチだが、つなぐ4番として機能する。「マジで居心地が悪い。あさってぐらいから組み替えないですかね」と冗談めかしたが、平石監督にその考えはない。「いいつながりでやってくれている」と全幅の信頼を置いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月11日のニュース