ロッテ・藤原 登場曲は「Symphony」に決めた「一番、好きで聞いていた」

[ 2019年3月28日 14:44 ]

<ロッテ練習>リラックスムードでキャッチボールする藤原(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭=は28日、打席での登場曲をイギリス出身のエレクトロニックグループ「クリーン・バンディット」の「Symphony」に決めたことを明かした。

 「音楽の中では一番、好きで聞いていたので、これでいこうかなと思っていました」

 同曲は2017年にリリースされ、これまでにユーチューブで8億1000万回以上、再生されている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月28日のニュース