水原通訳も感謝 投手も野手も気にかけてくれた大谷の右肘

[ 2019年3月28日 10:00 ]

水原通訳 I REPORT

髪を切った翌日のサッパリした大谷
Photo By スポニチ

 20年の二刀流復帰を目指し、翔平が8日に右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)後、初めてキャッチボールを再開しました。3度目となった13日に初めてボールを受けましたが、昨年のシーズン中以来だったので、さすがに緊張しました。ところが、本人のテンションはあまり変わらず。どこかではうれしい気持ちはあると思うんですけど、その気持ちは外に見せていなかったですね。今季は打者に専念ということがあるのだと思います。

 翔平も言ってましたが、今年のキャンプは本当に外出が少なかったです。最低限、買い出しで週に1、2回ほどスーパーに行ったくらいでしょうか。米国の方たちは凄い知り合いかのように「ヘイ、ショーヘイ!」って声を掛けてきます。面白いですよね。その場で写真やサイン、握手とか対応するようにしています。

 外出といえば、オフの前日だった11日に翔平は球場からそのまま髪を切りに行きました。米国の知り合いに紹介してもらった庶民的な美容室。美容師も米国人でした。先日の囲み取材で翔平は「10分くらいで終わったので」と言っていましたが、本当に10分くらい。シャンプーもしないで、ばーっと一瞬で終わりました。さっぱりしましたよね。チームメートからも好評です。

 キャンプ中はみんなが翔平のことを気に掛けてくれてありがたいです。投手陣はトミー・ジョン手術経験者のヒーニーやスカッグスが「今日どうだった?俺の時はこうだったよ」とかいう話をしてくれますし、野手陣も「スイングは大丈夫か?」と気に掛けてくれます。この間も打撃練習のタイミングが同じだったシモンズは「調子良さそうだね。パワーが落ちてないね」と驚いていました。「ソフトトス(下から投げるティー打撃)」では、僕が投げることもあります。普段は打撃投手の方やコーチの方が投げてくれますが、誰もいない時の最終手段が僕です(笑い)。

 とにかく今は焦らず、じっくりと復帰に向けて頑張ってほしいです。なるべく野球に集中してもらえるように、精いっぱいサポートできればと思います。(エンゼルス通訳)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月28日のニュース