啓新・古川、猛打賞で勝利貢献「塁に出ようと集中していました」

[ 2019年3月28日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会第5日 1回戦   啓新5―3桐蔭学園 ( 2019年3月27日    甲子園 )

6回1死二塁、啓新・古川は左中間に適時二塁打を放つ(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 啓新の古川剛外野手(3年)が3安打で勝利に貢献した。3―2の6回1死二塁で左中間適時二塁打。

 「走者を還すというよりは、とにかく塁に出ようと集中していました」

 2回と9回にも安打を放って後続の適時打で生還し、3得点に絡んだ。

 7回の右翼守備では、強い浜風の影響で打球が流され、前方にポトリ。二塁打としてしまった。「定位置に入ったつもりだったんですけど、風で焦りました。次は対応できるようにやっていきたい」と気を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月28日のニュース