札幌大谷・北本、2試合連発より出塁「謙虚なバッティングを」

[ 2019年3月28日 05:30 ]

守備練習を軽快にこなす札幌大谷の北本
Photo By スポニチ

 米子東との1回戦で先頭打者本塁打を放った札幌大谷・北本壮一朗遊撃手(3年)は「バットが振れて、ヘッドが走っている」と好調を維持している。

 2戦連発となれば道勢センバツ史上初となるが「狙いません。狙ったら崩れるので。謙虚なバッティングをして、1打席目から塁に出てチャンスをつくりたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月28日のニュース