新生赤ヘルで開幕へ!緒方監督「挑戦者の気持ちで」、ライバルは「全球団」

[ 2019年3月28日 18:56 ]

練習を見つめる緒方監督 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・緒方孝市監督(50)は28日、あす29日の巨人との開幕戦(マツダスタジアム)を前に、意気込みを語った。

 「我々は挑戦者の気持ちで1試合1試合ぶつかって戦っていくだけです」

 リーグ3連覇を成し得ても、例年通り開幕前日に「挑戦者」と口にした。丸は巨人に移籍し、新井、エルドレッドらは退団。黄金期を築きつつあるチームながら、投打ともに完成形はまだ先にある。

 開幕カードの相手は、4連覇を阻もうとする筆頭候補の巨人。それでも、ライバルを問われた指揮官は、「全球団です」と即答した。「打倒・広島」で歯向かってくるセ・リーグ5球団相手に、リーグ王者としての慢心は見当たらない。

 「昨年のことは終わっているので」。新戦力は、ドラフト1位の小園に、巨人から加入した長野だけではない。昨秋から西川、坂倉が外野に本格挑戦したことで、チーム内競争はし烈さを増した。開幕ローテーションには床田が入り、メジャー経験のない新助っ人のレグナルトは期待以上の活躍で、存在感を示している。

 大きな戦力補強はなくとも、新しく生まれ変わろうとしている赤ヘル。「広島VS巨人」という開幕6試合の中で最も注目も集めそうな試合から、リーグ4連覇への戦いが始まる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月28日のニュース