大分 元女子マネ首藤桃奈さん、勝利の女神に 出場当時の帽子かぶりエール

[ 2019年3月28日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会第5日 1回戦   大分4―1松山聖陵 ( 2019年3月27日    甲子園 )

母校大分高の聖地1勝を見届けた元野球部マネジャーの首藤桃奈さん
Photo By スポニチ

 16年夏の甲子園練習でユニホームを着てグラウンドに立ち、大会本部に制止され話題となった大分の元マネジャー・首藤桃奈さん(20)がアルプス席に駆けつけた。つばに「勝利の女神」と書かれた出場当時の帽子をかぶり「しっかり!」「頑張れ!」と声を張り上げた。試合中には「イタコウ(大分高校)は1勝も挙げてないから、最後まで気を抜かないで」とエール。勝利の瞬間は歓喜に浸った。

 大分の2度目の甲子園出場だった16年夏、首藤さんは3年生。甲子園練習ではノックのボール渡しをしたが、当時の規定では練習補助員は男子部員に限られ、制止された。「時代錯誤」などの批判もあり、日本高野連は17年春から規定を変更。女子部員も十分に安全対策した上で、人工芝部分でのみ練習補助ができるようになった。

 関東地方の大学に通う首藤さんはハワイ大留学も経験。充実した毎日を送っているようで「やりたいことがいっぱいある。将来はメディア、特にアナウンサーの道を目指したい」と笑顔で話した。勝ち進めば準々決勝まで観戦予定だという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月28日のニュース