阪神・能見7球で3人斬り ジョンソンは計7イニング無失点

[ 2019年3月25日 05:30 ]

オープン戦   阪神8―4オリックス ( 2019年3月24日    京セラD )

2番手で登板した能見(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 勝利の方程式の一角を担う阪神の能見と新外国人ジョンソンが、盤石の投球でオープン戦を締めくくった。

 7回に登板した能見はわずか7球で3人斬り。後を受けたジョンソンは8回1死から福田に登板5試合ぶりの被安打となる右翼線三塁打を許したが西浦、杉本を得意のカーブで空振り三振に仕留めた。「こっからが大事なんで。そこに向けて調整するだけです」。

 能見はオープン戦5試合で4回2/3を無失点、被安打1、与四死球0と貫禄を見せつけた。中継ぎ専念となった今季は、左のセットアッパーとして欠かせぬ存在になることは間違いない。

 ジョンソンも文句なしだ。オープン戦は能見を上回る7試合に登板し7イニング無失点。この日のアウトを全て三振で奪ったように、150キロ前後の真っすぐとカーブのコンビネーションは日本の打者をきりきり舞いさせている。「この調子をシーズンに入っても続けていきたい。開幕だけじゃなく、どんな試合も重要。チームに貢献できるようにブルペンが一つになって戦いたい」と頼もしかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月25日のニュース