菊池は本拠地初の投球練習 アリゾナとの感覚の違いを実感

[ 2019年3月25日 08:11 ]

 マリナーズの菊池は24日、初めて本拠地のブルペンに入った。イチロー元選手の現役最後の試合となった東京ドームでの21日のアスレチックス戦で大リーグ初登板したばかり。「投げてすぐ(シアトルに)移動ということもあったので、ちょっと疲れている」と感触を確かめながらの投球練習だった。

 キャンプ地のアリゾナは乾燥した気候で、海が近いシアトルとは球を握った際のフィーリングが違うという。「アリゾナは滑る場所だったんだと感じる。アリゾナの時ほど神経質にならなくて済むのかな」と語った。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月25日のニュース