中日・堂上、開幕スタメンへ猛アピール 粘って適時二塁打

[ 2019年3月25日 05:30 ]

オープン戦   中日7―7楽天 ( 2019年3月24日    ナゴヤD )

2回無死二塁、堂上は中越え適時二塁打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 開幕スタメンが見えてきた。「5番・遊撃」で先発した中日・堂上が適時打を含む2安打と猛アピール。遊撃争いを展開してきた京田を逆転する可能性が高くなった。

 「しっかりやろうとしていることを、これからも続けてやっていくだけ

 4点を先制された直後の2回無死二塁から中堅フェンス直撃の適時二塁打。2球で追い込まれながらファウルで粘り「(走者を)三塁に進めたい気持ちがあったのでコンパクトにいけた」と藤平の7球目、甘く入った直球を逃さなかった。8回1死二塁では右前打で好機拡大し高橋の同点3ランを呼んだ。

 21日のオリックス戦で先発出場して2ランを放って以降、12打数5安打4打点と好調が続く。与田監督も「良い評価をしている」と活躍に目を細める。「レギュラーと思ってやっていない。やるべきことを毎日反復して、その積み重ね」と堂上。愛工大名電出身で現役引退を表明したイチロー(マリナーズ)の後輩。伏兵で終わるつもりはない。(徳原 麗奈)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月25日のニュース