明豊、本領発揮13得点!及川のスライダー攻略 直球と同じ軌道は「ボール」

[ 2019年3月25日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会1回戦   明豊13―5横浜 ( 2019年3月24日    甲子園 )

3回2死三塁、青地はヘッドスライディングで勝ち越しの適時内野安打を決める(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 及川攻略の1点目を適時打で挙げた明豊の主将・表は、お立ち台で研究の成果を語った。「及川選手はいい投手ですが、スライダーがワンバウンドする。低めとスライダーは捨ててオーケー」。川崎絢平監督も「真っすぐと同じ軌道のスライダーは見逃せばボール。“変化球を見極めろ”と話していた」と同じように言った。

 横浜との対戦が決まると、メンバー外を含めた6人の左投手と2台の打撃マシンをフル活用。150キロの直球と140キロの変化球の見極めを徹底した。表がまず直球を叩けば、3番の布施は低めに決まらず浮いたスライダーを捉えて左前へ2点適時打。続く野辺の左翼線二塁打、6番・青地の三塁強襲適時打も球は高かった。KOする一撃を放った青地は「直球が狙い通りにベルトの少し上に来た」と振り返った。

 出場校中3位の昨秋チーム打率.375の打線が、入念な準備で本領発揮し13得点。表は「うちは打のチーム」と胸を張った。甲子園では春夏通じて8強が過去最高。それを超える4強以上が目標だ。(井上 満夫)

 ≪大分勢初のセンバツ2桁得点≫明豊が横浜に13―5で大勝。過去のセンバツでの大分県勢の1試合最多得点は、85年津久見が1回戦の東洋大姫路戦で挙げた9で、初の2桁得点になった。藪田は6打点。センバツの1試合6打点以上は15年の敦賀気比・松本が準決勝の大阪桐蔭戦で大会記録の8打点をマークして以来で、大分の選手の最多記録になった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月25日のニュース