米子東、初戦で散る 紙本監督はナインねぎらう「100%やってくれた」

[ 2019年3月25日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会1回戦   米子東1―4札幌大谷 ( 2019年3月24日    甲子園 )

神宮王者の札幌大谷に善戦するも敗れ、応援団にあいさつする米子東ナイン(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 悲壮感はなかった。米子東の15人の選手は、終始笑顔を浮かべて9回を戦い抜いた。

 「力不足だったと思います。(バッティングは)力を少し入れ過ぎました」

 身長1メートル85、体重98キロの堂々たる体で「山陰のおかわり君」と呼ばれる福島悠は反省。初回2死三塁の先制機で空振り三振し、3回に1―1に追いつき、なお2死三塁の勝ち越し機は投ゴロに倒れた。高校通算12発の4番打者は札幌大谷のサイドスロー・太田を打ち崩せず3打数無安打に終わった。5回の一塁守備では遊撃・岡本からの送球が逸れ、打者走者にタッチした際に左手の親指を突いた。6回の四球、8回の二ゴロはテーピングを施し、バットを握ると痛みもあった。

 新チーム結成から16人で戦ってきたが、レギュラー以外でただ一人公式戦出場経験のある永田が体調不良でチームから離脱していた。人数のハンディは否定してきた紙本庸由監督(37)は「私がやろうとしたことは100%やってくれた。ヒット4本で1点ということは私の力がなかった」と選手全員をねぎらった。

 1996年選抜以来23年ぶりの聖地。県内No・1進学校を応援するため、一塁側アルプス席は最前列から最上部まで観客で埋まっていた。古豪復活ののろしは、夏までの楽しみとなった。 (田中 貴久)

 ≪スタンドで夢の“共演”≫米子東の一塁側スタンドでは夢の“共演”が実現した。1960年選抜準優勝時のエースで元広島の宮本洋二郎氏と、その宮本氏から大会史上初となる決勝戦サヨナラ弾を放った高松商OBで元阪急・山口富士雄氏が並んで声援を送り、思い出話にも花を咲かせた。互いに勝ち進めば準決勝で“再戦”の可能性もあったが、宮本氏は「これで終わりじゃない。課題を克服して、また夏待ってるよ」と優しくほほ笑み、後輩にエールを送った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月25日のニュース