西京ビッグスターズ4強 門真ビックドリームスも初進出

[ 2019年3月25日 05:30 ]

スポニチ主催文部科学大臣杯第10回記念全日本少年春季軟式野球大会第3日 ( 2019年3月24日    静岡県草薙総合運動場硬式野球場ほか )

 2会場で準々決勝4試合が行われた。名門・西京ビッグスターズ(京都)は7年ぶりの全国制覇へあと2勝とし、門真ビックドリームス(大阪)は初の4強入り。唯一の合同チームの竜爪・西奈中(開催地)と東山クラブ(愛知)も勝ち進んだ。25日は準決勝、決勝が行われる。

 京都西京ビッグスターズは初回に4番・小西の適時打で先制すると、4回にはスクイズで2点を追加するなど、小技も交えて4得点。投げては中西が打たせて取る投球で見事に完封した。宮本英一監督は「内野の守備を全部代えて正解だった」と、采配が的中して安堵(あんど)の表情。3安打の小西は「ボールの下を打つように心掛けた結果が良かった」と、こちらも修正成功で笑顔がはじけた。

 ≪上加世田が完封≫大阪・門真ビックドリームスは、頼れるエース上加世田の活躍でベスト4進出。最速137キロを誇るが「初戦はスピードを意識しすぎて高めに浮いて打たれたので」と、この日は低めに集める丁寧な投球を意識した。3回1死三塁の場面を連続三振で切り抜けるなど、5安打9奪三振の完封劇。4試合で1失点のチームに橋口和博監督は「守備だけは他のチームに負けない」と、自信の表情を見せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月25日のニュース