横浜・吉原が大会1号 北海道から名門へ「小さい頃から憧れていた」

[ 2019年3月25日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会1回戦   横浜5―13明豊 ( 2019年3月24日    甲子園 )

7回無死、横浜・吉原は右越えにソロ本塁打を放つ(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 横浜・吉原大稀(3年)が明豊(大分)戦で大会第1号を放った。先頭で迎えた7回、初球の高め直球をフルスイング。打球は右翼席に吸い込まれ「真っすぐを狙って思い切り振れた。1球で仕留められた」と言った。

 北海道旭川市から名門に飛び込んだ。旭川大雪ボーイズ時代は捕手で、今大会出場・札幌第一の畠山和明投手(3年)とバッテリーを組んでいた。「(日本ハムの)近藤さんとか、小さい頃から横浜に憧れていた」。1年時に肩を壊して野手に転向し、2年時に右すねの蜂窩織炎(ほうかしきえん)など苦しんだが、「一から野球を考えるきっかけになった」と乗り越えてきた。

 4番抜てきに応えた背番号13の左の強打者は「手応えもあったし、課題も見つかった。一つずつつぶして(夏に)甲子園に戻ってきたい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月25日のニュース